うっかりのんびり娘の中学受験日記(H29年2月受験終了)

普通の会社員の夫、フルタイムWMの私。庶民ですが、うっかりでのんびり屋の5年生娘が中学受験に挑戦し終了。                    今後は私立女子中学校の情報や娘の中学生活の様子などを書いていこうと思います。

自宅学習から今まで(1)


スポンサーリンク

娘が中学受験をしたいと言い出したのは3年生のころ。

 

たまたま、お友達の上のお子さんで都立中高一貫校に進学した子がいたので、

誘われて文化祭を見に行ったのがきっかけ。

 

なので、最初は都立中高一貫校が目標だったので

(と、いっても母としてはうっかりで忘れ物が多い娘には

内申の関わってくる都立中高一貫は無理だろうと思いつつ)

 

最初に入塾したのは中学受験は都立中高一貫校しか対応していない

補習塾でした。

 

 

 

その後、いろいろあって

私立中学受験を考え始めたのが4年生の夏ごろ。

 

勉強だけでも始めてみようかな~くらいの

軽い気持ちで自宅学習から始めてみたんです。

深く考えてないですね、私。。。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・ 

 

一応、根底には

「うっかりで忘れ物が多い娘は公立中学だと内申が取れないタイプかも」

という不安があったんですけれど。

 

この時に転塾も考えたんですが、

娘が

「通っている塾は辞めたくない(楽しいから)、

 でも中学受験の勉強はしてみたい」

の一点張りで。

 

まだ私立中学受験についてあまり知識の無かった私は

まあ、勉強始めてみたら「受験やらない」になるかもしれないし、

様子見でもいいかな~とのんびり考えてしまって

自宅学習でやってみようかと思ってしまったんですね~。

 

ここで強引にでも転塾させるべきだったかな、

と、今では思います。

でもこの時点では私が中学受験に本気になれていなかったのかも。

無様だけれど、覚悟が足りない母なのです。。。