うっかりのんびり娘の中学受験日記(H29年2月受験終了)

普通の会社員の夫、フルタイムWMの私。庶民ですが、うっかりでのんびり屋の5年生娘が中学受験に挑戦し終了。                    今後は私立女子中学校の情報や娘の中学生活の様子などを書いていこうと思います。

塾の面談を終えて 小6 7月


スポンサーリンク

先日、娘の塾で個人面談をしてきました。

 

7月の首都圏模試の結果と今後のことについてです。

 

 

 

室長先生とだいぶ、長い時間お話をしました。

 

我が家として聞きたかったのは

個別を週2回やって、この結果を見て

今後、伸びる可能性があるのか。

志望校はこのままでいいのか。

 

まず、今後の可能性について。

 

結果的には良い偏差値では無かったのですが、

志望校のグラフを見ると

意外に第1志望校でも最終ライン(努力圏)には

引っかかっている。

女子校の人気が下がってきているからとのこと。

 

だから目標はこのままでいいのでは?と。

 

算数がコケたのは痛いけれど、

国語・理科・社会は少しづつ上がってきている。

ただ、今いっそうの努力は必要。

基礎が抜け落ちすぎ←困ったものです(泣)

 

夏期講習中はとにかく基礎の徹底。

 

家でやる問題集と自習室でやる問題集を同じに。

 

理社 メモリーチェック

とにかく何度もくりかえし解くこと。

 

算数 塾から志望校に合わせたプリントを配布

出来る限り自習室でやって、

わからなければすぐに質問すること。

(家庭でやって疑問で残すより良いとのこと)

 

国語 長文は授業でやる。

自習・家庭学習は語句中心。

同じ問題集を使ってとにかく覚える。

 

ということになりました。

 

次に志望校の件。

 

第2志望までは届く実力はあるし、

第1志望も可能性は十分にあるとのこと。

(営業トークも入ってますか??)

 

ただ、

第1志望校の校風が娘に合っているのかな?と。

 

室長先生から見た娘は

やっぱり「のんびり」さん。

自分の世界があって頑固な面も。

 

室長先生としては大学受験も心配。

 

大学附属校または

指定校推薦が取りやすい学校の方がいいのでは?

とおっしゃる。

 

娘の第1志望校はどちらかというと進学校。

(ただキリスト教系なので指定校推薦は多い)

プリント提出の催促もあまり無く、

生徒の自主性が重視の学校です。

うっかり屋の娘は、、、どうなのかなと。

この点は実は私もすごく気になっていて、

絶対この学校!と思いきれない母なのです。。。

 

最近気になっていた第2志望校候補も進学校です。

この学校は指定校推薦を嫌います。

穏やかな印象で先生がとても暖かいことで

志望した学校なのですが、

娘には合わないのかも。。。

 

もう一つの第2志望候補は女子大附属。

娘が以前とても気に入っていた学校です。

大規模校ということが気になることと、

文化祭が少し地味な感じがして

一度候補から外していました。

ただ、今回の室長のお話と、

先日参加したオープンスクールでお話した

在校生の方や先生方の印象で

かなり良い印象になっています。

 

第3志望校以下は指定校推薦が多い学校なので

このままで良いかなと。

 

女子校に行きたいというのが娘の希望なので、

大学附属校の選択肢がなかなか無いです(泣)

 

共学なら手が届きそうな大学附属はあるのですが。。。

 

娘は何度聞いても変わらず

「第1志望校に行きたい!」と言っています。

 

母は、応援したい気持ちと

もしかしたら合わないかもしれない学校を頑張るよりは

第2志望校以下の方がいいのではという気持ちと。。。

 

複雑です。