うっかりのんびり娘の中学受験日記(H29年2月受験終了)

普通の会社員の夫、フルタイムWMの私。庶民ですが、うっかりでのんびり屋の5年生娘が中学受験に挑戦し終了。                    今後は私立女子中学校の情報や娘の中学生活の様子などを書いていこうと思います。

塾でやった10月模試の結果が、、、


スポンサーリンク

あまりにショックが大きすぎて

 

更新ができませんでした。

 

 

まだ、混乱中です。

上手く書けない、、、支離滅裂な文章かもしれません。

 

こんなことを公表しても意味がないかもしれません。

笑われる受験かもしれません。

 

でも、同じ思いをしている人もいるかもしれない。。。

これがありのままだし、、、

 

そんな思いだけで公開ブログとして書いています。

 

運動会で受験することが出来なかった10月模試を

先日、塾で受験しました。

 

結果は、、、最悪です。

 

全く伸びていない上に

2科も4科も偏差値が落ちてしまいました。

 

先生からの連絡によると、

「受験中、集中できていなかったように思います」

とのこと。

 

塾で受験するときは個室で1人でやるのですが、

先生が見てはいるものの、

付っきりでいるわけでは無いので、

周りで勉強している子や、

休憩で遊んでいる子達が気になっていたようだと。。。

 

もともと偏差値が低い子です。

下がったらとんでもない偏差値です。

なんとか40には踏みとどまっているけど、、、

 

電話で聞いた瞬間に目の前が真っ暗になりました。。。

 

私、仕事中にこの電話を取ってしまったので、

もう、そのあとの仕事、何をやったかわからないくらい

 

このまま受験を続けて大丈夫なのか、

もし、奇跡で希望校に合格をいただけても

深海に潜んでしまうのなら辛いかもしれないとか、

志望校レベルを下げるべきなのか、、、

 

いろんな思いが、巡って

かなり混乱していました。

(今も混乱中。。。)

 

そんな結果なのに、

いつも通りのんびりと、マイペースな娘に

腹が立ちます。

ごめんなさい、親としてはダメかも。

でも、本音。。。

 

先生から成績を言われた直後。

娘は涙を見せたとのことですが、、、

その日、家に帰ってからの様子は普段通り。

成績が落ちたことはあまり娘には響かない、、、

そんな気がします。

 

中学受験を始めたころ。

 

「のんびりな娘には内申のある高校受験は厳しい」

と思って始めた中学受験でした。

 

公立中学の英語教育に不安を感じていたことも

中学受験を決めたきっかけのひとつ。

 

だから、偏差値関係無く、

底辺と呼ばれる学校だとしても

英語教育がしっかりしていて、

娘に合った学校であれば行かせたいと思っていました。

それは、今でも思っています。

 

でも、、、

 

「2年間勉強して、この偏差値かあ。。。」

と思ってしまう、、、本当にダメな母です。

 

模試は模試。。。

でも、されど模試な気がする。。。

 

とりあえず、

11月3日の首都圏模試。

 

結果次第ではまた、面談かな。。。

 

落ち着かない日々を過ごしそうです。