うっかりのんびり娘の中学受験日記(H29年2月受験終了)

普通の会社員の夫、フルタイムWMの私。庶民ですが、うっかりでのんびり屋の5年生娘が中学受験に挑戦し終了。                    今後は私立女子中学校の情報や娘の中学生活の様子などを書いていこうと思います。

娘の中学受験 2/4 (受験最終日)


スポンサーリンク

この日が、娘の中学受験最終日です。

 

この日も娘は自分から起きてきました。

 

朝ご飯もしっかり食べて元気。

普段通りの娘です。

 

2/2の時より、少し早い電車でA校へ。

 

この日は塾の先生の応援は無しです。

 

他の受験生が塾の先生と握手したり、

話したりしている中を

娘と私だけで通ります。

 

もう応援の列にも慣れているので(笑)

全く気にならなかったです。

 

2/2と同じように講堂で到着順に整列。

娘は生徒さんに誘導されて

落ち着いた感じで

試験会場に向かって行きました。

 

2/2よりは受験生、少ないかな?

それでもかなりの人数です。

倍率も高いだろうなと思いました。

 

私はまたずっと保護者控室で過ごしましたが、、、

2/2よりも落ち着かなくて(汗)

 

持参した本にも

なかなか集中出来なかったです。。。

 

試験から帰って来た娘

 

ちょっと元気が無くなっていて

「2日よりも難しかった。。。」

と言っていました。

 

家にいても落ち着かないしと思って

試験後はショッピングへ(笑)

 

いい気晴らしになりました。

 

結果はとても早くに出ました。

 

「受験番号無かった」

 

と私が言った時に

 

「やっぱり~。難しかったよ、今日の問題!」

と言いながら

とても寂しそうな、悔しそうな顔をした娘。

 

しばらく無口だったのですが、

「B校合格していて良かった!」

「B校で〇〇部入るんだ」

とすぐに笑顔を取り戻した娘に

 

本当に強くなったなあと思いました。

 

小4で初めて受験した

「全国統一小学生テスト」

偏差値40台前半。

 

今の塾に入ってからの首都圏模試でも

なかなか偏差値50の壁を越えられませんでした。

 

こんな受験ブログも珍しいですね(苦笑)

大逆転合格~とかになれば良かったんですけど(苦笑)

 

ただ、娘は1度も

受験を辞めたいと言いませんでした。

私の方がなかなか伸びない成績に不安になって

「もうやめよう」と言ったことも

何度もあります。

でも、娘は「絶対受験する」と言って貫きました。

 

こんなにお金をかけて受験する意味があるのかな

と何度も悩みました。

 

でも、全ての受験が終わって

結果が出た今は

中学受験をして良かったなあ~と思います。

 

だって

中学受験をしなかったら

こんなに勉強していなかったと思います。

最近はニュースを見ながら

自分の意見も言うようになりました。

 

まだまだ片付けも苦手で

のんびりで

うっかりミスも多い娘ですけど(苦笑)

 

ご縁をいただけたB校で

娘がもっと成長してくれることを願っています。