うっかりのんびり娘の中学受験日記(H29年2月受験終了)

普通の会社員の夫、フルタイムWMの私。庶民ですが、うっかりでのんびり屋の5年生娘が中学受験に挑戦し終了。                    今後は私立女子中学校の情報や娘の中学生活の様子などを書いていこうと思います。

環境を選ぶということ


スポンサーリンク

娘の学校は今、文化祭準備の真っ只中です。

 

最近週末に雨が降ることが多いので

これからの文化祭の季節、

雨が心配ですね。。。

 

今週の月曜日は台風の影響で

娘の中学校は

早々に午前休校になっていました。

 

息子の小学校は通常登校だったのですが(汗)

 

広範囲から通学してくる私立中高ですから、

早い段階で指示が出るのは助かります。

 

朝の様子で判断だと、

もう家を出てしまっている子もいるでしょうから。

 

午後登校でも電車が乱れていて

遅刻してくる子がたくさんいたと娘が言っていました。

 

前置きが長くなりました。

 

先日、娘の小学校のときのママ友と

久しぶりにランチ会をしました。

 

地元小学校に行った人、

うちと同じく中学受験をした人

半々くらいです。

 

中学に入学して半年ちょっと、、、

 

それぞれ、いろいろと悩みもあって

話も盛り上がりました。

 

思春期になって、人間関係にも変化があって

 

1学期、いじめやトラブルがあった学校も。

 

娘は幸いにもお友達やクラスに恵まれて

そういったトラブルはほとんど無いです。

クラス同士でバトルになることはあるようですが。。。

「○組とはうちのクラスは仲が悪い」

とよく言っています(苦笑)

 

地元中学に行った方からは

「成績が良くない子は塾が必須、フォローが少ない」

という愚痴がありました(汗)

 

提出物も成績がつくのですね(驚)

美術の課題が「A」だったとか

ノート提出で「A+」だったとか。。。

 

うちのうっかり娘が地元中だったら、、、

私が堪えられなかったかも、、、

 

地元中学の子たちはすごいなあ。

 

娘の学校も忘れ物や提出物には厳しいです。

でも、購買が充実しているので買って対処できたり

(良いのかはわかりませんが・・・汗)

代替案を提示していただけたり

次回で挽回できたりということがあります。

 

定期テスト、朝テストで成績が振るわなかった子に対して

補習はもうしつこいくらいあります。

しょっちゅう、補習にお世話になっている娘です(苦笑)

 

期末テスト、

娘は成績が振るわなかったのですが、

テスト返却時(個別に返却)に先生から

具体的に「ここは漢字間違い」「ここは勘違い」

などうっかりミスなのか、分かっていないのか

という見方でのアドバイスがありました。

 

1人1人の学習状況をきちんと

見てくださっているんだなあと

思います。

 

お金をかけて進学して

成績が振るわない娘にいらだつこともあるのが、

 

娘にとっては

今の中学が合っているんだなあと感じています。

 

とりあえず、

高校に進学できる成績はキープして欲しいです(願)